抗菌剤による新しい歯髄保存法、岩久正明他著、日本歯科評論社

      2017/03/20

という本がオクの宣伝に出ていたので、
ん?と思って、落札してみたら、
定価1万円の本を1,000円以下で仕入れて、3,936円で売るというご商売をなさっている◯。。。O。。さんでした。
まあ、それは関係ないのですが、

やはりこの本はうちでやっている抗菌剤添加α-TCPセメント覆とうによる歯髄保存法のオリジナルでした。

僕はこの後に出る3Mix-MP法という本を買ってやってみたのですが、
詳細は省きますが、
この方法は固まらないので、覆とうには使い難いのです。

で、なんとなくアパタイト系の覆とう用セメントに混ぜて使えないかな?
と山勘で業者に探させたところα-TCPセメントを持ってきたので、
そのまま使っているだけです。

α-TCPセメントの取説には抗菌剤を混和して覆とうする方法が書かれていたので、
オリジナルの文献があるのかな?と思いましたが、
文献を探してまで読む習慣がないので、
そのままになっていました。

偶然目にして購入してみましたが、
この本にはα-TCPセメントの他にグラスアイオノマーセメントに混ぜて使う方法が書かれていました。
パラパラとめくってみただけなので、
細部を確認していませんが、
新潟大学名誉教授の岩久先生の方がオリジナルなのは間違いないので、
詳しい事をお知りになりたい向きには、この本をお求めくださることをお薦めいたします。

IMG_3203.JPG

 - 歯科未分類, 削らない・抜かない歯科治療