若い子シリーズ9

      2017/03/20

5歳女子、右上E、時々痛い。

この子は、痛かったら手を挙げてね、と教えられている子ですが、
終わるまで一度も手を挙げませんでした。
痛く無いからです。

IMG_0726.JPG

内部は軟化象牙質が広がっており、
全部除去すると露髄する。
通常の歯科治療では神経を取って被せる治療になるが、その必要はない。
いたずらに痛がらせるだけだ。

IMG_0728.JPG

エナメルマージンだけ新鮮面を出せば問題無い。
見た目では判らないが、内部の軟化象牙質はエナメル質だけ残してバーやスプーンエキスカが届く範囲で除去してある。
要するに虫歯が残っていても辺縁封鎖性が確保できていれば、虫歯は再発しない。
なぜなら虫歯は細菌感染症ではなく、イオン電導性セラミックスであるハイドロキシアパタイトの金属のサビと同じカテゴリーに属する電気化学的な腐食現象だからだ。
一応抗菌剤添加α-TCPセメントを置いた。
これは殺菌効果と軟化象牙質の再結晶(再石灰化という歯科用語は一般理工学分野では通用しない)を促す。

IMG_0730.JPG

CR充填後

IMG_0731.JPG

 - 削らない・抜かない歯科治療, 若い子の歯科治療シリーズ