今日の充填治療316(中級編)

      2017/03/20

20代女性、左上7、カリエス

この部分は頬粘膜に隠れているので、電気化学的には酸素濃度が低く虫歯になりやすいところです。

金属腐食学分野では「通気差腐食」とよばれています。

一般には唾液がかかりにくいから虫歯になりやすいと言われていますが、

確認はされていません。

なぜならこのような虫歯を再現する実験には成功していないからです。

IMG_3741.JPG

この部分は直視できませんので、鏡を見ながらの作業になります。

これをミラーテクニックと言いますが、

直視とは逆に手を動かさなければいけないので、

ちょっとしたコツが必要です。

さらに吸引チップもデンタルミラーと一緒に持たないといけないので、

ちょっと難しい、中級編となります。

電気化学的充填法は辺縁封鎖性に気を使いますので、

新鮮歯質を確保するのは辺縁だけです。 

内部に虫歯を残しても乾燥できるのではあれば、問題ありません。 

IMG_3746.JPG

α-TCPセメントで覆とう 

IMG_3748.JPG

CR充填後

IMG_3749.JPG

 

 

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療