今日の充填治療320(超上級編)

      2017/02/05

このところ、安い仕事ばかり受けて、しかも中1日でセットする技工物を作っているので、
連日夜中まで仕事しています。
で、症例はたくさんあっても、なかなかブログアップしている時間が取れません。

今日はアップを約束している症例を1つだけ。

関西地方在住20代女性、左下7、遠心隣接面カリエス。

レントゲン写真

1608061746.jpg

通常この手の虫歯は痛みが出ていなくても、神経を取って、冠を被せる治療がやっとで、
場合によっては親知らずと一緒に抜歯になるケースもあると思う。

なぜかというと切削器具がDEジャンクションに達している虫歯に届かないので、
そもそも治療不能だからです。

鏡像

IMG_5718.JPG

全行程無麻酔で進める。

健全象牙質を削徐するので少し痛みがあるが、
麻酔をすると健全歯質と虫歯の区別がつかず、不用意に削り過ぎたり、露髄させたりするので、
痛みをがまんしてもらった。
もちろん痛みがあればそれ以上削る必要はないので止める。

IMG_5720.JPG

タービンヘッドのバーは回転中に抜けるのを注意しつつ、少し引き出して使わないとDEジャンクションに届かない。

IMG_5727.JPG

正像。ミラーテクニックも使えないので、心の目(想像力)で見ながら削る。

IMG_5728.JPG

スプーンエキスかベーターが

IMG_5723.JPG

ネックまで入る。十分硬い歯質が確保できるまで確認しつつ進める。

IMG_5722.JPG

ストリップスを使い、一次CR充填。
鏡像

IMG_5730.JPG

正像

IMG_5731.JPG

歯髄を覆とうするためにCR除去

IMG_5732.JPG

α-TCPセメントで覆とう

IMG_5734.JPG

二次CR充填

IMG_5739.JPG

正像

IMG_5736.JPG

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療