歯科医療は禁止すべき!? (2)

      2017/02/26

舛添厚生労働大臣の某秘書官の方がここを見て下さっているというので、
ちょっと一言。

EBM(Evidence Based Medicine=科学的根拠にもとづく医療)と言われて久しいのですが、
残念ながら歯科医療に関しては、全くこれは行われていません。

というのは、
信じ難いことでしょうが、
歯科医学では虫歯の原因は未だ解明されておらず、
歯科医療として保険給付が認められている虫歯の充填処置、歯冠修復処置は
単なる対症療法に過ぎず、その科学的根拠はないからです。
それどころか、病状を悪化させてしまう可能性が高いのです。

一般には、虫歯の原因は虫歯菌が出す酸で歯が溶けるものとされていますが、
これは実験してみるとウソだということが簡単にわかります。
細菌が出すpH4程度の弱い酸では歯は溶けません。

本当の虫歯の原因はここでは紙面の関係で詳しくは述べることはできませんので、当ブログの「虫歯予防一口メモ」をご参照くださるようお願いしたいのですが、

簡単に言うと、「電蝕(異種金属接触腐食)」と言われる現象で、
イオン化傾向の違う2種類の金属間で電子を奪われた方が腐食する
(溶ける)というものです。
さらに隙間や細菌の存在がこれを助長します。
これらは酸素消費型の腐食(すき間腐食や微生物腐食)と言い、
酸素の濃度勾配があると腐食が起こります、
これも電蝕と同じ電気化学的な腐食の一種です。

では、なぜ虫歯が金属の腐食と同じメカニズムかというと、
歯は金属として取り扱えるからです。
歯はCa(金属)を主成分としていますので、これは容易に予想できると思います。
これも簡単な実験で確認できます。

虫歯が金属の腐食と同じメカニズムなら、
工業分野ではすでに確立している金属の防食の技術がそのまま使えるのです

しかし歯科医学にはこの考え方が欠如しているので、
的外れな、それどころか虫歯を悪化させる処置を繰り返しているのが現状です。

修復材料に金属を使うと歯の方が溶けます。
金属ではなくても、接着ハガレは必ず起こりますので、
隙間腐食は起こります。
虫歯菌が虫歯の原因だと思われていますが、
細菌の存在はその呼吸を通じて酸素を消費することで、
腐食を助長するにすぎないということです。

ではどうしたら虫歯を予防しその進行を防ぐことができるのか?

答えは非常に簡単でした。
金属には腐食しない非腐食域があり、
それは弱アルカリ性領域なのです

これがEvidenceです。

つまり飲食後に重曹水(弱アルカリ性)で洗口すれば良いのです

重曹はフッ素と違って毒性もなく、単価も安い、
しかもしっかりしたEvidenceがある。

当院では子供たち(成人も)の虫歯予防に重曹洗口を取り入れていますが、
絶大な予防効果を上げています。

本年3月までは、予防の費用を保険請求させていただいていましたが、
予防は健康保険の疾病給付の原則に反するとかで、
支払い側からクレームが付いたそうで、
取り下げせざるを得ませんでした。

実にもったいない、、
EBMとしての予防はその費用対効果は非常に高い

例えば、
年間の歯科医療費は2兆5000億円ですが、
これを2000億円、つまり1/10以下にする可能性があります。

どういうことかと言うと、

5歳~19歳の人口は約2000万人、
一人当たりの予防費用を2500円として3か月毎(年間4回)に歯科医院に通院し、
EBMとしての予防指導・処置をすると、2500円×4回×2000万人=2000億円です。

これで虫歯は一生涯できません、
通常20歳を越えると新たな虫歯はできないので、
虫歯予防は19歳までで良いのです。
一度削る治療をすると、必ずやりかえが必要になりそのコストは高くつく。

もし、全人口に年4回の歯周病予防を兼ねた指導・処置を子供と同じく行ったとしても、
2500円×4回×12000万人=1兆2000億円です。
歯科医療費は半減ですよ、
しかもこれで生涯歯を失わない。
もう1つの歯を失う原因=歯周病を予防するには定期的なクリーニングによる継続管理があればよいからです。

いかがです?

僕が厚生官僚なら見逃しませんよ、
こんな美味しい話。。

多大な医療費を投入することではなくて、
正しい情報を広報するだけで、
歯科疾患など激減する可能性があります。

これは厚労省の仕事ではないかと思います。

以上、

 - 削らない・抜かない歯科治療, 虫歯予防等一口メモ