歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

亜鉛は歯を守るか?

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

亜鉛は歯を守るか?(ダブルクリックでアニメが始まります)
つまり、口腔内で歯よりも先に溶けて歯を守ってくれるのか?
ということが気になったので、
先日作った実験装置を使って実験してみました。

で、歯と歯科用合金(12パラ)をpH3の塩酸に漬けると、
歯がマイナス、歯科用合金がプラスとなり、
IMG_0904-21.JPG
+0.57Vの起電力が発生しました。
IMG_0905-21.JPG

歯と亜鉛(アルカリ電池のマイナス極を利用)では、
歯がプラス、亜鉛がマイナスとなり、
IMG_0907-21.JPG
-0.33Vの起電力となりました。
IMG_0908-21.JPG

マイナス電極(黒)をつないだ電極から電子が出てきます。
プラス極(赤)は逆です。
マイナス極になる方がイオン化傾向が高い=先に溶ける

前者では、歯から電子が歯科用合金に奪われる、
つまり歯は歯科用合金に電子を奪われ溶ける

後者では、亜鉛は歯に電子を供給する、
つまり亜鉛が電子を歯よりも先に電子を奪われ、
歯を守る
、ことが解りました。

やはりね。。

亜鉛を含むアマルガムやリン酸亜鉛セメント、カルボキシレートセメントを
使うと虫歯になりにくい理由が確認できました。
#詳細はここを参照してください。
http://plaza.rakuten.co.jp/mabo400dc/diary/200907090000/

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2009 All Rights Reserved.