歯科医院長mabo400のブログ

歯根面ウ蝕は異種金属接触腐食、 (3)

2017/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

IMG_2629-19-1.JPG

今日は引き続き歯根面ウ蝕のアマルガム充填の症例をご紹介いたします。
良くある症例で、歯周病は治ったけど、
こまめに重曹うがいしてね、、
という言いつけを守れなかった人に発症します(-“-;)

歯根面と言っても、
象牙質とエナメル質の境界から起こるので、

不思議です。

歯医者は慣れっこなので、
不思議と思わないのかもしれませんが、
もっとプラークの付着している歯肉側から
なぜ虫歯は発生しないの?とか。
思いません?

歯医者は問い詰められたら、説明できません。

でも、金属の腐食防止を仕事にしている人なら、

これは「異種金属接触腐食」だな、、

見ただけでピンとくるはずです。

表題画像は鏡像なので、左右反対なのですが、
これは実像です。
IMG_2627-19-1.JPG
デント・エナメル境界から発生した虫歯は
その範囲を広げます。
エナメル質は直下の象牙質が失われ、
支えを失って脱落しますが虫歯にはなりません。

不思議でしょ?
酸で溶けるのなら、
ほとんど無機質のエナメル質も少しは溶けるのでは?

IMG_3075-19-1.JPG
可及的に虫歯(軟化象牙質)を除去します。
虫歯の電気化学説」によれば、
細菌感染は2次的な要因で主因ではありませんので、
消毒も必要ありませんし、
多少の虫歯の取り残し、
クラックも気にしません。
最小限の歯質削除量で済みます。

アマルガムは歯質に比べて自然電位が低いので、
アマルガムから電子を供給された象牙質はこれ以上溶解しません。

虫歯は止まるということです。

臨床的には「アマルガム」は非常に予後が良いというのは、
歯医者の常識です。
IMG_3077-19-1.JPG

注)残念ながら亜鉛が添加されていない現在の高銅型のアマルガムは、
その後の実験により金パラに比べて約1/3ではありますが、
象牙質より高電位となるため、
電気的な防食(カソード防食)は期待できないという結論がでました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ひろ より:

    お疲れ様です。

    レジンなどで綺麗に治療出来たかのように見えても、レントゲンを撮ると虫歯の取り残しの為に中で広がっているようなケースもあると思います。

    その場合には取り残したことが原因ではなくて辺縁封鎖が上手くいかなかった為と考えれば良いでしょうか。

    • mabo400 より:

      そうです。辺縁封鎖が上手くいっていれば、虫歯を取り残しても全く進行しません。むしろ治ります。

  2. ひろ より:

    ありがとうございます。
    やはりきちんと詰め物が出来ていれば治るんですね。

    軟化象牙質を取り残すと接着不良を起こして、隙間から虫歯になるようですが多少なら取り残しても大丈夫ということですか?

  3. mabo400 より:

    この当たりも初期のCR充填では接着マージン付近は新鮮歯質を確保して辺縁封鎖性を確保するとかなんとか書いていると思います。
    ここのアマルガム充填は辺縁封鎖性はプアですので、失敗しましたw

    • ひろ より:

      はい、以前に読みました。しっかりと新鮮歯質を確保してからと。

      接着マージン付近でなければ中に取り残しがあっても、中の虫歯は治るのですね。軟化象牙質を残す場合にはα-TCPセメントで硬化させてからでなくても大丈夫ということですか。隣接面う蝕の治療などで見かけましたが、中で広がっているからなのか考えてました。

  4. mabo400 より:

    軟化象牙質が残っている場合はα-TCPセメントで覆とうした方が原料の供給ができますので、再硬化が速いです。

    • ひろ より:

      ありがとうございます。

      虫歯菌の取り残しと軟化象牙質の取り残しは意味として同じと考えて良いですか?また違うのでしょうか。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2009 All Rights Reserved.