歯科医院長mabo400のブログ

今日の充填治療その1 (2)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

70代男性、もう何年もPMTCと重層うがいで管理してきたが、
とうとう沁みてきた、ということで、
CR充填することにした。

症状が出れば、充填治療もせざるを得ません、
ただどんな虫歯でもすぐに削って充填する必要があるかというと、
ちょっと違うわけです。

典型的な歯根面カリエス、
歯周病で歯根が露出すると発症する。
中高年の虫歯はほとんどこれだ。

これは工業分野では「異種金属接触腐食」と呼ばれる。
7388

軟化象牙質(感染歯質)は接着面が確保されれば十分なので、
マージン付近しか削除しない、
もちろん無麻酔。
7392

抗菌剤をアパタイト系セメントに混和して、
軟化象牙質に塗布する。
7393

充填完了。
7388

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2010 All Rights Reserved.