歯科医院長mabo400のブログ

今日の充填治療その9

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今日は、予防管理失敗例、というか、
3ヶ月後においで。。
が、4年後になってしまった例。

最近はこれほどひどい虫歯は見なくなった。

こんなことなら、充填しておくのでした。。

この症例も通常ならCR充填は無理、
神経を取ってクラウンの装着、となる。

ふつうの歯科医師から見たらクレイジーとしか見えないだろうが、
充填処置で済ますことも出来ないことはない。
ただし長期管理が前提ではある、
Perったら、その時対処ということ。

最近は削らない治療を求める患者は多い。
まあ、それは患者のわがままということだろうが、
完璧な根管治療ができると自信を持って言える歯科医師がいるだろうか?

11歳女子、左下6。

4年前、

一昨日痛くなった、(もっと前からだろう?)

X線画像、歯根端にも炎症所見有り(神経だめかな?)

とりあえず、細菌層の除去、軟化象牙質は残す。
2次象牙質で歯髄は守られているようだ。

抗菌剤+アパタイト系ライニングセメントで被覆した上に
水硬性セメントで充填。

痛みが治まれば次回CR充填予定。
というか、ほとんど治まります。

X線画像

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2010 All Rights Reserved.