今日の充填治療その12 (3)

   

今日は小児のふつうのCR充填です。
充填物が外れた、、しかも中の方が虫歯になっている。
よくあるパターンです。

充填物のダツリ後の再治療はした方がベターです。
削った面は弱い。
削ったことのない虫歯は充填処置をしないことが多い。

この子の場合は、露髄(神経が出ました)しました。
でも慌てず。。
止血後抗菌剤入りアパタイト系ライニングセメントで直接覆髄して、
CR充填しました。
もちろん、無麻酔。
予後は安定しています。

臼歯部の隣接面は虫歯になりやすい。
朝晩デンタルフロスで挟まった食渣を取ってあげたいものだ。
デンタルフロスが引っ掛からないように充填したいですね。

 - 今日の充填治療シリーズ, 削らない・抜かない歯科治療