コーヌス・クローネ口腔内セット (5)

   

さっそく支台歯を清掃、エッチングして内冠からセットします。
継ぎ目が目立ちますが、後で修正予定。
これで頑丈になり、また義歯全体としての寿命が延びるかなと思われます。
この義歯は15年近く経過しています。
左右2本づつのコーヌス・クローネでは支えきれなくなったので、
前歯も全部コーヌス・クローネにしました。
また左下2番は天然歯でしたが、
ハセツしたので抜歯再殖しました。
しかし数年後とうとう抜歯になりました。
天然歯の前歯部も咬合力に耐えられなくなってきているようです。
それもあっての全部コーヌス冠移行です。

接着剤もあらかた硬化して、
義歯を外そうと思いきや、、
左下の内冠がポストごとダツリしました。
2次カリエスのようです。
虫歯を削除すると、ゆるゆるになりましたので、
ポスト(芯)のみ再製作予定です。
型取りして次回は口腔内で直接ワックス修正、
鋳造、セットとなります。

このようにコーヌス・クローネは1本単位で再治療が可能なので、
義歯全体の寿命が長くなります。
患者か歯医者か、どちらかが死ぬまではメンテナンスが可能です。
僕が死んだら困るだろうね。。
技工士と歯医者が別々だと意思の疎通が困難。

 - 歯科未分類, 削らない・抜かない歯科治療