歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の抜歯再植術シリーズ101.04

 
この記事を書いている人 - WRITER -

40代女性、右上2穿孔、瘻孔

他院にて5年10年も仮歯で治療を受け続けるも好転せず。

他院での治療が入っていると、よく分からないことが多い。
コラーゲン繊維で歯根膜を再生する?とか?◯ムドゲインのこと?
僕も他所がやっていることはよく分からないので、
現物を見てその場でどのような処置をするか決めつつ手を動かしていくしかない。

レントゲン写真では咬合崩壊寸前。既存の治療法では手に負えない段階に来ている。

前回の続きです。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/replantation/今日の抜歯再植術シリーズ101-03/

その他の部分の処置の画像です。

右上1、左上1、左上2です。
右上1は根管充填が済んでいるようだったので、このままCR充填することにした。
しかし息肉があるようにも見えるので、穿孔があるのかもしれない。目視では穿孔はなかったように思うのだが、要確認だ。
左上1は根尖にストップがなく竹輪状態だったので、α-TCPセメントでカバー。
抜歯再植予定。
左上2はα-TCPセメントを入れてCR充填予定。

左上6、7
左上7の遠心は髄床底付近まで歯質がない。電気メスで息肉を除去。
左上6は全ての歯根が分離している。多くの歯科医師はこれだけで保存は不可能と判断するだろう。
根尖にはストップがなく、通常の根管充填はできないので、抜歯再植予定。

1次根充、固まらないように精製水練り

2次充填でフルカバーして次回以降に備える

右上7は口蓋根しかない。本来2〜3本あったはずだ。本来の咬合力はかけられない。
根充は済んでいるようだったので、α-TCPセメントを入れ、CR充填した。
問題が起こった時は再植予定。

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.