歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の抜歯再植術シリーズ101.06

 
この記事を書いている人 - WRITER -

40代女性、右上2穿孔、瘻孔

他院にて5年10年も仮歯で治療を受け続けるも好転せず。

他院での治療が入っていると、よく分からないことが多い。
コラーゲン繊維で歯根膜を再生する?とか?◯ムドゲインのこと?
僕も他所がやっていることはよく分からないので、
現物を見てその場でどのような処置をするか決めつつ手を動かしていくしかない。

レントゲン写真では咬合崩壊寸前。既存の治療法では手に負えない段階に来ている。

前回の続きです。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/replantation/今日の抜歯再植術シリーズ101-05/

とりあえず、緊急に抜歯・再植をしないと不快症状が出ている、
もしくはすでに抜けているかもしれない右上2と左下56のその後です。

右上2は唇側の瘻孔は排膿はしていないが塞がってはいない。
動揺度は1.5で歯根の状況からしてこんなものだろう。
固定がしっかりしていれば、もう少し動揺は収まると思う。
今のところ患者の不快症状はない。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/replantation/今日の抜歯再植術シリーズ100-00-2/

この部分の瘻孔の痕跡からは再建材料の◯ーパー◯ンドもしくは歯質が覗いているわけだが、この瘻孔の痕跡が自然に塞がらなかった場合は、この穴から歯が萌えているという解釈をするしかない。
とりあえず、感染するとダメになるので、歯根側の可動粘膜に減張切開を入れ、瘻孔の痕跡を縫い合わせることが必要だ。

左下56は包帯を除去して、

歯槽骨に埋まっていなかった5の部分のダミーをCRで追加修正して、6部分の歯冠も追加修正して経過観察予定。
多分あまりにも歯質が残っていないので、ブリッジ等を作ることは難しいだろう。
このままの方が長持ちすると思う。

次はまだ症状が出ていない、もしくは大した症状が出ていない他の部分だが、
再植予定でCRで歯根面をカバーしていない左上7、左上6、左上1、右上4、右上5は長期戦に備えてCRでカバーすることにした。
抜歯再植をするには固定が必要なので、他の歯の骨植がしっかりしていることが必要だし、仮歯の強度も必要だ。仮歯には補強のメタルを入れるつもりだ。

左上76

before

in the middle

after

左上1

before

after

右上45

before

after

再植予定歯の根面をCRでカバーした後

仮歯を入れるために便宜的に削られてしまっている左右3もコーヌス内冠風にCRで再建した。

左上3

before

after

右上3

before

after

仮歯の色や歯茎部マージンの適合が気になるということで、
多少は改善した。

before

after

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.