歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の抜歯再植術シリーズ101.07

 
この記事を書いている人 - WRITER -

40代女性、右上2穿孔、瘻孔

他院にて5年10年も仮歯で治療を受け続けるも好転せず。

他院での治療が入っていると、よく分からないことが多い。
コラーゲン繊維で歯根膜を再生する?とか?◯ムドゲインのこと?
僕も他所がやっていることはよく分からないので、
現物を見てその場でどのような処置をするか決めつつ手を動かしていくしかない。

レントゲン写真では咬合崩壊寸前。既存の治療法では手に負えない段階に来ている。

前回の続きです。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/replantation/今日の抜歯再植術シリーズ101-06/

その後転倒されてTEKはバラバラで地元のかかりつけの歯医者さんに駆け込んで修理してもらったそうですが、また破折、と安定しないというか、この右上2番の歯牙固定をしている暇がない。

僕が前回見た時は動揺度1.5だったのだが、改善していないだろうということは容易に想像出来る。内部に細菌が取り付くような部位は改善しているはずなので、排膿までは起っていないようだが、このまま固定が出来ずに動揺度が1以下に治らないと、再感染する可能性も否定できない。

とりあえず、側方の外傷力がかからないように歯冠長を歯肉縁まで落とすことを提案してみましたが、内部にメタルポストを入れていることもあって、再植歯にダメージを与えずに、削合することは難しいだろうと思って、

ドルダーバー方式を提案させていただくことにした。

両隣在歯との間をオレンジ色で表示している◯ーパー◯ンドの筆積みで連結して、その上をCRで覆い、半円もしくは台形状に成型する。

TEK内面はその部分を削るだけで良い。合わせることは不要だ。
仮着セメントは付けても良い。

どうだろうか?簡単確実だと思うが。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.