歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の抜歯再植術シリーズ102

2019/02/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

70代男性、右上2、歯根破折 003835

外傷性咬合があったので固定していたが、

とうとうGA+fistelができたので、歯根が破折したものと判断した。
固定する前からポストは緩んでいたのかもしれない。

抜歯してみると

やはり歯根は破折していた。
矢印の方向に咬合力がかかると、ポストは脱離するし、
脱離と同じくして歯根が破折する。

この所謂差し歯というものの構造的欠陥なのだが、歯科業界では少なくとも200年以上も前から行われている。
穴があったら何か差し込みたくなるのは分かるが、いい加減に止めた方が良い。
前歯の差し歯(メタルポスト)は歯根破折マシーンでしかない。

歯根は綺麗にして接着組み立てして再建する

接着面は綺麗にしてディンプルを形成しておく

根尖口もついでに

開拡して

充填しておく

既製の抜けないポストを使い再建を始める

ポストは⚪︎ーパーボンドで、

歯冠部はCRで再建して、用意ができたら

抜歯窩に挿入する

奥まで入れて

しっかりソケットに収まったのを確認して

接着固定する

CRで仮に歯冠を作る。これで終わるかもしれないが。

包帯して投薬4日、包帯除去するのは4日目以降のなるべく早いうちにする。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.