歯科医院長mabo400のブログ

今日の抜歯再植術シリーズ104

2019/02/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -

30代女性、左上1、周期的に痛みがある、穿孔、クラック?、窪み?

高校の時に前歯2本を虫歯で差し歯にした。
5年ほど前から違和感が出て、とうとう2年前から歯科医院に通い始めたが、好転せず。
去年の11月に歯根端切除術を受けたが、症状は変わらず。担当医によれば、歯根端にクラック(ヒビ)があったと言う。

上顎左右1番は仮歯になっていて治療途中だ。
見た目はそれほど悪いようには見えないが、黒線で囲まれた歯肉縁下の歯槽骨は失われている。

仮歯を外して

抜いてみた。抜いたときの感覚は子供が生まれた時の感覚に似ているそうだ。
ポン、、てな感じか?

唇側の歯槽骨は失われている。

よく観察してみると、
S:歯肉縁側に元々あったと思われる窪みがある。細菌が生息しやすそうな部位ではある。
P:治療中の事故でリーマー等で開けてしまったものと思われる穿孔。よくある事故だ。僕もやってしまったことがる。気がついてその場で適切に対応すれば問題なく経過することも多い。
A:本来の根尖口で斜めにカットされている。灰色のセメントはMTAセメントだと思われる。
クラックははっきりしない。

光に透かして見るとクラックらしきものが見えたので、その部分を削ってみた。
なんとなくクラックが部分的だが深部まで達しているようにも見える。

穿孔部分と根尖口部分は大きく開拡する。

◯ーパー◯ンドで充填・築成する。
仮歯を装着けてみたところ。
矢印内の歯根膜は失われている。歯槽骨もない。歯肉がここまで下がる可能性があるということだ。

洗浄した抜歯窩に

挿入していく。






隣在歯と接着して

尖っている遠心隅角が口唇に当たって口内炎になっていたので、丸くしている。
包帯して投薬3日

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.