歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の抜歯再植術シリーズ106.02

 
この記事を書いている人 - WRITER -

20代女性、左下7、Per、咬合痛+ 004418

噛むと痛いのでどうにかしてほしいということだが、
はっきり言って抜くしかないと思う。
レントゲン写真を見ていただくと判ると思うのだが、歯根を支える歯槽骨が失われている。触るとかなり動揺する。動揺度2.5と言ったところだ。

一般的な診断基準ではhopeless:絶望的ということになる。
この歯を保存してみようと思う歯医者は世界中探してもいないだろう。
通常の治療方法しか選択肢がなければ僕にもできない。

こんな歯でも抜歯再植でどうにかなる(こともある)。
患者も「骨を取り戻す!」というので、「気合で頑張ってね!」と応援したw

Per(ペル)という病名はPeriodontitisの略で、辺縁性歯周炎とでもいうのでしょうか、歯根周囲が炎症性の組織:膿瘍で覆われている状態だ。

原因は神経を取る治療が上手くいっていないということで、神経や血管が出入りする根尖付近にある穴が塞がっておらず、そこに細菌が住み着いているということだ。

別に穴ならなんでもよく、天然の根尖口だけではなく、人工的に開けてしまった穿孔や外傷性にできたクラック(ヒビ)のような細菌の生息場所になるような場所があればPerになる。

再建が終わったら

抜歯窩に挿入するわけだが、
あらかじめ接着固定する隣の歯には必要があれば維持のためのディンプルやグルーブを形成し、接着剤を塗布しておくと良い。

押さえながら、接着剤を塗布する

接着剤をCRで固定すると手を離せる

包帯して食渣や上皮の迷入、細菌感染を防ぐ、投薬が終わったら外す

バイトダウンしないと固定が早期に外れた場合は抜けてしまう。
1〜2週間は生着しているとは言い難い。

再植後のレントゲン写真

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.