歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の抜歯再植術シリーズ109.00

 
この記事を書いている人 - WRITER -

60代男性、右上5、歯根破折、自覚症状はない 000383

いつも抜歯再植の記事ばかりでこっちもいささか飽きているのだが、
別にこんなのばかりしているわけではない。週一くらいはしていそうだけど。
インパクトもあるし、単発記事で終われるので、ライターからすれば楽なんですよね。。

これが破折する前のレントゲン写真で、矢印の部分は怪しくなって(透過性が増して)いる。数年前からクラックが入り始めていたのだと思う。

2015/09/05

これが破折に気がついた時のレントゲン写真。
料金的なこともあって1年間放置していた。

2018/04/23

これが口蓋側からの画像。破折した歯根の遠心半が遊離しているのが見える

抜歯前

スリットを入れて

抜歯。CKに付着していた近心半だけが抜けて、遠心半が見える

遠心半も抜くと、破折間隙に上皮が迷入している

上皮は丁寧にかじり取る。上皮はセメント質や歯根膜の再生スピードよりも早いので、上皮に歯根が巻かれたら、それは失敗だろうw

抜歯窩内部は抗菌剤添加生食水のシリンジでよく洗浄しておく

抜歯歯牙

綺麗にして、内部にはディンプル形成

用意ができたら

通法により貼り合せるだけ

抜歯した両隣接歯にはあらかじめ接着剤を塗布しておき

再植する

接着固定する。昔式の縫合固定だけでは難しいと思う

CRも併用すれば、SBの硬化を待つ必要もなく次の作業に移れる

包帯して投薬四日、四日後包帯除去

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.