歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の抜歯再植術シリーズ111.01

 
この記事を書いている人 - WRITER -

60代男性、右上5、Per、瘻孔 004120

時々瘻孔から排膿を繰り返し、違和感があるので、どうにかしてほしいということだったが、すでに抜歯しかない。

通常の歯科医学的な診断では確かに抜歯しかない。
歯根内に折れこんでいるステンレス製の器具を取り除くことは極めて困難だからだ。

ほとんどの歯科医師は抜歯が前提で、
抜歯の後はブリッジか入れ歯か、インプラントしかないという説明をする。

なぜこういうことになるかといえば、細菌が感染して、細菌が隠れるような穴や隙間があって、人間の免疫機構では取り除けない。そういう場所ができてしまったということだ。
膿瘍という人間の免疫機構と細菌が戦っている場所がありそこから時々瘻孔を通じて排膿する。
人間の免疫機構が慢性的に働いているということだ。

ではなぜそういう穴や隙間ができるのか?
それは業界の恥なので、歯医者が告白することは稀だと思うのだが、
歯科治療中の偶発事故による。

というより、神経を取って冠を被せるのが歯科治療という思い込みが歯科業界にはあって、
そもそも、その神経を取って云々という治療行為が100%上手くいくのか?という問題がある。

ざっくばらんに言ってしまえば、上手くいくのは100%ではもちろんない。まあ、半分くらいか?
しかし、患者に不快症状として感じられるのはそのまた半分、それも10年以上経過後だ。
患者はどこでその歯科治療を受けたのかも忘れている。

だから歯科医師は救われているのだw

前回のつづき

http://mabo400dc.com/dental-treatment/replantation/今日の抜歯再植術シリーズ111-00/

この症例ではKファイルと思しき根管治療用の手用器具が破折して取れなくなっているが、どの程度の頻度で起こるかというとそれほど多いわけではない。
これがその器具の現物の写真だ。

これを手で持って根管内でグリグリ、ゴシゴシするわけだから、いつかは加工硬化で折れる。
細いものから太いものまで10種類位は使うし、長さも3種類はある。
これは21mm,#45のKファイルと呼ばれるものだ。

ではどの程度の頻度で折れるか、術者によっても違うだろうが、
10人中1人位は折れるのではないか?
まぁ、ロシアンルーレットというものだろう。

この器具は一回使ったら捨てることが推奨されているような気もするがそんな贅沢をしているところは少なく、日本では自費専門の歯医者でもないと思う。ちなみに保険診療ではトータルで数千円の診療報酬なので、一本500円の器具を10種類使って全部使い捨てにしていたら、食べていけないw

仮に毎回使い捨てにしていても、折れない保証はどこにもない。
そういう世界だ。

もう判ると思うが、神経を取ろうとか考えること自体が誤りだ。
歯医者にあなたは100%折れない自信がありますか?と訊いて、
自信がある、と答える歯医者は詐欺師だと思ってよい。

これが抜歯した写真だ。

拡大写真

こういう症例はわかりやすいが、折れたからと言って100%問題が出るかというとそうではない。折れても折れなくても問題が出るのは50%だ。
これはどういうことなのだろうか?

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.