歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の抜歯再植術シリーズ123.02

2019/07/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -

40代女性、左下7、歯根破折

咬合高径の低さからオープンバイト系の噛み合わせだということが判る。
オープンバイト系の咬合は最後臼歯に負担がかかりやすいので、破折しやすい。
後ろから歯が失われていく。

通常は歯根破折したら抜歯の選択肢しかない。
しかしではなぜ抜歯に至る羽目になったかを考える歯医者はいない。
いても対策打てる歯医者はいない。
世界中探してもいない。

これは当然いないはずなのだ。
なぜなら、その対策というのは、神経を取らないということだからだ。
神経を取ると歯は弱くなる。
また様々なトラブルを抱えるので、10年〜20年後には抜歯になる可能性は高くなる。

これは再植後の確認のレントゲン写真なのだが、1つ前の6番にも問題点が見られる。
遠心根には歯根拡大用のファイルが折れこんでいて、根尖には膿瘍ができている。
近心根は多分そのファイルで開けてしまったと思われる穿孔から膿瘍ができている。
人為的なトラブルなのだが、結構見ることができる。
これは明らかに前医による偶発事故なのだが、このような事故がなくても、うまくいかないことは多々ある。
この6番にはもう直ぐ自覚症状が出そうだ。

最初から神経を取って冠を被せようと思わなければ、良さそうなものなのだが、世界中の歯医者はそれができない。

一番の問題はこのビジネスモデルに従わないと食べていけないからだ。
そこには論理性も倫理性も何もない。最初から決まっている。

「この道しかない」のだww ・・んなわけないだろうw

・・綺麗にして、再建して、抜歯窩に再植するのだが、解説は今まで散々しているので過去記事を参照して欲しい。

画像だけ連続アップします。

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.