歯科医院長mabo400のブログ

今日の抜歯再植術シリーズ127.00

 
この記事を書いている人 - WRITER -

50代女性、右上4、破折

コーヌスの内冠の歯根が破折して、噛むと痛い。
ま、こういう歯は抜いてしまえば面倒はないのだが、
予防歯科では、長年通っているのに、抜くの?、、と患者さんからプレッシャーがかかるわけです。
で、もうダメな歯でも保存を試みるしかない。
どの程度まで保存が可能なのか?やってみるのも面白い。限界が判るからだ。
意外に人間の身体は丈夫だということが判る。
もちろん定期的な管理は欠かせないのだが。

抜いてみると

膿瘍が分厚く付着している部分があって、この下に問題がある。

クラックが2つあるが、完全離断していないので、内側からクラック部分を薄くする方法で細菌の住む場所をなくしてしまう方法をとる。

こんな感じ

内側から見たところ

根尖口

ポストを入れて再建

再建が終わったところ

抜歯窩は膿瘍を掻爬し、抗菌剤入り生食水で洗浄しておく

再植して縫合糸で抑える。
この後はドルダーバー式で連結するつもり。
何もしないと伸びていって抜けます。

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.