歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の抜歯再植術シリーズ130.00

 
この記事を書いている人 - WRITER -

50代男性、左上1、Per、根尖相当部に圧痛あり。 004430

原因は細菌が生息可能な隙間というか空間があり、そこには免疫細胞は直接入れず、細菌を除去できずに、免疫細胞で取り囲んでいる状態になっている。
これを膿瘍と呼んでいる。

レントゲン写真では根尖の黒い部分が膿瘍で、免疫細胞が細菌と戦っている場所だ。
位相差顕微鏡による動画を撮ったので、次回にでもアップ予定。

抜歯前

エレベーターを歯根膜腔に挿入したら、冠があっさり脱離した。こんなものだ。歯科医療に過剰な期待はしてはいけない。もちろん僕も含めての話だ。


抜歯直前

抜歯窩は膿瘍を掻爬してよく洗浄しておく

根尖に膿瘍の一部が付着している

根尖口は閉じていないし、膿瘍がある場所の歯根膜は失われている。クラックが見えないこともない

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.