歯科医院長mabo400のブログ

今日の抜歯再植術シリーズ134.00

 
この記事を書いている人 - WRITER -

30代男性、右下6、Per、穿孔 

この子はうちに勤めていたことのある技工士なんだが、
技工士学校の学生の頃、タダだから?ということで系列の歯科医院に行かされて、
そこの若い歯科医師の練習台にされてしまった、かわいそうな子です。

こういうことはよくあって、うちで患者として子どもの頃から削らずに虫歯を管理して、大人になって歯科衛生士になるために学校に行ったところ、帰ってきたら系列の歯科医院で、すべての臼歯咬合面が充填されていて、愕然としたことがある。何をされるか分からない(いや、完全にわかるのだが)、そういう業界だ。

表題画像のレントゲン写真を見ると、近心根にファイルが折れ込んでいる。
歯根が近遠心に分離している。
穿孔があってGA/fistelを繰り返していたのだが、本人は大して気にしていない。
これだから業界はやっていけるのだw

とうとう近心根が脱離したので抜歯・再植に踏み切った。
まぁ、このような症例を保存しようとする歯科医師は世界中を探しても存在しないだろう。抜歯・再植以外には保存方法はないが、それができたとしても長期保存は絶望的と考えるだろう。

通常は抜いてブリッジかインプラントか取り外しの義歯を選べということになる。

しかし、どういう状況でも諦めないことが重要だ。いくら絶望的でもどうにかする方法を考えて実践すれば良いのだ。すぐに諦めてしまっては先に進めない。

どんなにボロボロでもそれが管理できるのなら自分の歯が良いに決まっているのだから。

うちにはこのような絶望的な症例を管理するシステムがあるから、保存できるのだ。

今日はCKを除去して抜歯し、抜歯窩を搔爬・洗浄するまでの画像だ。

こういう画像は歯科医師かアシスタントとして付いている歯科衛生士(DH)しか見ることはできない。
治療過程を患者が見ることもできない歯科医院がほとんどだろう。うちはほとんど全ての治療過程を画像で保存しているのでその場で患者に見せる。
全てをオープンにすることで、患者も安心できるし、逆に患者もおかしなクレームを付けることもできない。

ただ、治療に大幅な余裕がないと重い接写レンズとリングストロボの付いた一眼レフを操って治療しながら画像を残すことなどできない。また、治療過程の一瞬を切り取るには一眼レフにしかできない。










つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.