歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の抜歯再植術シリーズ135.02

 
この記事を書いている人 - WRITER -

40代女性、右下7、歯根破折、Per、咬合痛+ 002588

神経を取った歯は破折しやすい。咬合性外傷があればなおさらだ。

歯をイジるとろくなことはないというのは歯医者ならだれでも知っているのだが、だれも止めようとしない。理由はそれしかできないのと、BMWに乗りたいからだw じつは歯医者は歯のことを真剣には考えてはいない。自分自身の歯でさえそうだ。

前回のつづき

http://mabo400dc.com/dental-treatment/replantation/今日の抜歯再植術シリーズ135-01/

一度神経を取った歯のエンドの再治療はちょっとした咬合性外傷力で歯根破折しやすい。失活していて歯根自体がもろくなっているし、歯根膜に炎症や膿瘍があって歯槽骨の支えが期待できないからだ。特に垂直加圧根充はプラガーで強圧をかけるので破折しやすい。その時判らなくても、何年も経って破折することがある。垂直加圧根充は技術的には難しいが、予後は良いので主に自費治療で行われる。しかしこの症例のようになることも多々ある。

そもそも神経を取ろうなんて考えることが誤っている。また神経を取らないことの方が予後は良いし、技術的に難しいことではない。ただBMWとかベンツとかに乗れないだけだ。経営的には厳しいが多くを望まなければできないことはない。今のところだが。

綺麗にする過程を時系列で並べます。説明は不要だと思うのでよく見てください。
なるべく、歯根膜、セメント質を傷つけないように、問題のあるところを切除、削除するだけだ。

近心根の近心半から


本体




ちょっと当ててみた



綺麗になったら接着面の酸処理




綺麗にして酸処理が終わったら、再建に入る。

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.