歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の抜歯再植術シリーズ137.00

 
この記事を書いている人 - WRITER -

50代女性、左下6、遠心根、Per?

この方、大臼歯のほとんどがPerだかなんだか分からないが、抜くしか無い悲惨な状況でうちに来られた。後ろの7番も再植済みだ。

うちでやっている抜歯・再植はどこの歯医者でもさじを投げて、抜歯して捨ててしまうしか無い歯の保存をなんとかやりおおせている、そんな症例ばかりだと断っておかないと、どこの歯医者でもこんなことができると思われた患者さんが、同じことを他院でやってくれと言って断られたとか、こんなことができるのは当たり前で、どこの歯医者でもこの程度のことはできるはず、と考えて歯医者を何軒も回ってがっかりするとか、うちの治療を受けて、その後ノーメンテで、もしくは他院でその後の治療や維持管理を引き継いでもらえるとか、不快症状が出てもそれは僕の所為で、なんとかしろ、、とか言われても、なかなか厳しいものがあるのです。
他院で全く保存不可能、抜くしか無い、、と言われても、僕は諦めない、保存のためにはなんでもする。それだけです。
まずは保存の技術ではなくて、定期管理体制を構築することが必要ということは絶対条件ではあるのですが。

レントゲン写真での before/after


この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.