歯科医院長mabo400のブログ

今日の抜歯再植術シリーズ157.00

 
この記事を書いている人 - WRITER -

40代男性、右下6、歯根破折、穿孔、自発痛+

何年も前から時々晴れて不快症状が続いていたが、とうとう痛くなって近所の歯医者さんに行ったら、歯根が割れているので抜くしかない。
抜いたら入れ歯やブリッジ、インプラントがあるが、インプラントがオススメ、と言われたので、抜歯を覚悟していたが、パートナーさんがうちの読者さんだったので、行ってみたら?ということになった。

表題画像は抜歯前レントゲン写真

 歯根膜腔は拡大している。根尖部、歯根分岐部に膿瘍が認められる。
レントゲン写真では歯槽骨の吸収は少ないのかと思ったら、麻酔の注射針で触診したところ、頬側、舌側の歯槽骨は失われていた。特に近心根の骨はほとんどなかった。
さてどうなるでしょうか?

結局、抜歯・再植はしました。かなり強引というか、有り得ないというか、そういう症例ですが、諦めませんでした。

これが再植後のレントゲン写真

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.