歯科医院長mabo400のブログ

今日の抜歯再植術シリーズ157.02

 
この記事を書いている人 - WRITER -

40代男性、右下6、歯根破折、穿孔、自発痛+

何年も前から時々腫れて不快症状が続いていたが、とうとう痛くなって近所の歯医者さんに行ったら、歯根が割れているので抜くしかない。
抜いたら入れ歯やブリッジ、インプラントがあるが、インプラントがオススメ、と言われたので、抜歯を覚悟していたが、パートナーさんがうちの読者さんだったので、行ってみたら?ということになった。

結局破折箇所1箇所、人工的な穿孔3箇所があり、これが長年の不快症状の原因で、もちろん抜歯に追い込まれた原因だ。

歯根破折は根管充填時の加圧操作(押し込む)による破折と思われる。フタのような破折形態だからだ。

穿孔は治療中のタービンや根管形成バーによるものと思われる。

これらは治療中の事故なのだが、どんな歯科医師でもやってしまう。もちろん僕もなのだが、(西洋歯科医学の)理想に忠実に頑張れば頑張るほど事故は起こる。
このような批判じみたことを言うと天に唾きするようなものだからやめておけと修行時代の先輩歯科医師が言っていた。

どういうことか解ると思う。

僕は根管治療は最初からすべきではないと思う。どうせ上手くいかないからだ。
神経は残せないから、後で痛くなるから、神経は取って冠をかぶせようという妄執に世界中の歯科医師が囚われているが、それは、神経を取った歯は被せて補強しないと弱いからという一連のビジネスモデルがあるからで、それ以外の選択肢はお金が欲しいのなら取り得ないのだ。

しかし実は違うのだ。神経を残すことは根管治療よりも難しくはない。
儲からないだけの話だ。このブログの名前がそれを物語っている。

この症例の次はそのような症例をアップする予定だ。

この症例のように歯科医師(自分を含めて)がやらかした事故のフォローの技術の1つに抜歯・再植がある。ということだ。

前回のつづき

http://mabo400dc.com/dental-treatment/replantation/今日の抜歯再植術シリーズ157-01/

表題画像は破折部分がフタ状になっているので、被せてみたところだ。

破折している歯根内部の根充材の表面には硫酸塩、もしくはシアン系の細菌代謝産物と思われる青色の物質で覆われていた。

多分根管治療の極初期からこのように歯根内部に細菌感染が広がっていたということだ。
後はこれらの物質を除去し、穿孔部分や破折面の新鮮歯質を出し、接着、充填の準備をしていく。

準備ができたら、通法により◯ーパー◯ンドの筆積み法により再建を進める。

ポストを装置しCRで歯冠の再建を始める。咬合面の再建修復は生着してからとする。

では時系列で。

ネット接続環境が良くないので、つづきは後ほど。









次回は再建過程の予定

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.