歯科医院長mabo400のブログ

今日の抜歯再植術シリーズ165.02

 
この記事を書いている人 - WRITER -

70代女性、右下7、Per+歯根破折、違和感++

レントゲン写真では周囲の歯槽骨は失われており、通常の診断基準では保存は不可能だ。
前医もそう考えたのだろう。連結固定で抜歯は先送りしようと。

後ろの8番と連結してあるので、動揺はそれほどしていないが、8番のクラウンは脱離していた。
7番が咬合時に沈み込むので栓抜き効果で冠が脱離する。
とりあえず再合着して処置を進めた。

義歯が入っているので、あらかじめ8番にクラスプを増設しておいた。こうしないと義歯は使えなくなるし、抜歯歯牙の固定もできない。

根尖膿瘍は根菅治療が上手くいっていないことが原因なのだが、はっきり言って上手くいくはずがない。
最初から神経を抜くとか考える方がおかしい。

僕のエンドの先生は「歯髄は最高の根菅充填材だ」と授業中に言っていたw

クラックもしくは細菌が侵入していると思われる黒色色素(硫化鉄)が見える部分も除去している。

再植には義歯があることもあって、ちょっと面倒だ。包帯も義歯の着脱に支障がないようにしなくてはならない。

では時系列で再植まで










この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2021 All Rights Reserved.