歯科医院長mabo400のブログ

今日の矯正シリーズ109.00

 
この記事を書いている人 - WRITER -

40代女性、左下7、近心傾斜

6番を抜かれてしまったとかすると、後ろの歯が傾斜してきて、後ろの歯もダメになってしまうケースは多い。
人生長くなっているので、なるべく歯も長持ちさせてあげたいと思う。

傾斜している歯をまっすぐに立て直す治療は矯正治療をするしかない。

部分的矯正治療を始めて1ヶ月。起きてくると上の歯と干渉するようになるので、咬合調整が必要になる。不必要に尖っている部分を削合する。

before

after

後ろに親知らずが埋もれているので、引き起こすのは難しい。親知らずとの接触点を中心に回転させるしかない(レントゲン写真参照)。通常の2倍の時間がかかる。

少しでも時間を短縮するために、タイバックしてUループを絞って近心に引っ張ることにした。タイバックの様子が表題画像だ。

この方、左下6の遠心根をヘミセクションされていて、近心根もPerやパフォレーションでトラブっていたのを抜歯・再植で延命させたのだが、これがダメになった時に親知らずを引っ張り出して歯列に加えようと考えている。

before/afterだが、気持ち程度しか動いていない。

レントゲン写真

before

after

側方面観

before

after

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.