歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の何やっているの?シリーズ428.00

 
この記事を書いている人 - WRITER -

60代男性、左下6、歯冠破折 004077

安い牛肉を食べたら割れたw 当然痛くて何も食べられない。
この方、数年前から噛むと痛いとか凍みるとかいう症状が出ていたので、補強冠を入れようという話をしていたが、延び延びになっていた。まさか自分が、、と思っていたのだと思う。

外傷性咬合と言って、自分の歯を噛み割ったり、クラックから虫歯になって最後は抜歯に至る人は多い。
この症例も一般の歯科医師は抜歯を宣告すると思う。

破折線がしっかり見える

幸い、外側の破折線が根尖まで達していなかったので、抜歯/再植には至らなかった

小さい方の破折片はこんな感じ

歯髄腔の形がはっきり見える

これが大きいの方破折片だ。壊死した歯髄が見える

破折面を電気メスで出した

髄腔を少し開拡して

α-TCPセメントを充填して

CRで控えめに築成して、投薬二日。
問題が起こればその時対応予定。神経をちゃんと取ろうなどと考えてはいけない。
どうせ下手くそなんだからw 歯を壊したり感染させたりするのがオチだ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.