歯科医院長mabo400のブログ

今日も野戦病院シリーズ39.01

 
この記事を書いている人 - WRITER -

40代男性、右下6、Per+穿孔、舌側歯根分岐部GA、時々腫れる

この方、16年前に他院での治療途中で、1年ほど放置していて、痛くなったので来られた。
その頃生まれたこの方の子供ももう高校生だ。

表題画像を見ていただければ同業者には分かると思うが、手の施しようがないと思う。健全歯質がほとんど残っていないので、通常の歯科治療ができないのだ。

もしかしたら、最初の治療をここでアップしたかもしれない。自分でも探すのは困難なので、興味がある方は探してみて欲しい。

内部の象牙質は虫歯で溶けてしまっている。歯根もセメント質の肥厚、根尖の膿瘍形成といいとこ無しだ。歯根分岐部には穿孔があるので歯槽骨は失われている。

α-TCPセメントとCRだけでもかなり改善していると思う。
その後も症状が出た時にエンド治療やα-TCPセメントの再裏装を繰り返している。

一進一退を繰り返しているようにも見えるがどうだろうか?
この手の治療困難な歯を見ると歯医者はつい抜歯してインプラントを薦めたくなってしまうが、16年もって、まだまだいけそう、となればどうだろうか?
インプラントが16年もつ保証はない。

前回のつづきで、

http://mabo400dc.com/dental-treatment/today/今日も野戦病院シリーズ39-00/

数年に一度、内部にα-TCPセメントを入れ直す治療をしているのだが、
今回の時系列写真だ。

これ以上穿孔を増やさないように、慎重にCRとセメントを除去し、
穿孔部分を確認、出血が多くなりそうなら、前回のセメントを完全に除去する必要はない。

後はボスミンで止血し、α-TCPセメントとCRで埋め戻すだけだ。

鏡像と実像が混ざっているので分かりにくいかもしれないが、
穿孔は歯根分岐部と遠心歯根面にある。







この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.