歯科医院長mabo400のブログ

歯牙漂白

 
この記事を書いている人 - WRITER -

左上2、変色歯

神経を取る治療をした時、歯髄の一部を取り残した場合、残った歯髄が変色の原因となるとされる。

失活歯の漂白には歯牙内部に過酸化尿素を入れて1週間放置するという、一般にはウォーキングブリーチといわれる方法がとられる。歯医者の「食べ」の観点からすると差し歯にした方が儲かるのだが、患者からすると漂白の方がコストは安いだけではなく歯牙は長持ちするので、こちらの方が良いだろう。

生活歯の場合は過酸化尿素をジェル状に調整して個別トレーに入れて光を当てる方法をとる。

今回は前者だ。

before

after

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2021 All Rights Reserved.