歯科医院長mabo400のブログ

どの程度の虫歯なら経過観察で良いのか?11

 
この記事を書いている人 - WRITER -

現在16歳だが、サッカー大好き少年で、6歳から地元のクラブチームに所属してサッカーを始めた。今は高校の部活でサッカーをやっている。三度の飯よりサッカーが好きで、いつも歯を食いしばって頑張っているそうだ。

前回のつづき

http://mabo400dc.com/dental-treatment/electrochemistry/どの程度の虫歯なら経過観察で良いのか?10/

今回は7歳になったばかりで、サッカーを始めてまだ1年だ。

前回の右上Dの修理から1ヶ月後の画像だ。この時点では酷いことにはなっていない。

この年は神経が死んでしまったり、後半には今までのCRが砕けるということが起こっており、
また萌えたばかりの永久歯の6番の近心隣接面に初期の虫歯が発症していた。

唾液検査結果と相まって、外傷性咬合の所見を伺わさせる。

右下Dは抜歯しないで保存している。抜くと歯並びが乱れてしまうからだ。

顔写真を見てみると真冬なのにサッカー少年の顔をしている。





この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.