歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

今日の矯正シリーズ112.01

 
この記事を書いている人 - WRITER -

前回のつづきです。

http://mabo400dc.com/orthodontics/今日の矯正シリーズ112-00/

現在25歳 男性 001635

前歯部の歯列不正の主な原因は寝相ですが、あまり知られていませんね?
歯学部時代には習いませんでしたが、現在ではどうなのでしょうか?

この子はすでに8歳の時にクロスバイトで歯列矯正治療をしています。
それが表題画像。

ネット上でも論文でも詳細な後戻り症例画像を見ることはなかなかできません。
その矯正専門医の黒歴史だからですw

2001/09/29

3年後には右上2番がクロスバイトになりつつある。
これは左下寝が多いことを表している。

2004/04/24

あとは時系列で並べますのでごらんください。

2005/05/28

もう完全に右上2番はクロスになっています。

2006/06/10

右上に続いて左上2番もクロスになりつつあります。

2007/06/23

2008/06/28

左上2番は完全にクロスになってしまいました。

2009/07/04

2010/06/26

17歳、ここまでくると今とほとんど変わりません。
前歯の叢生が気になって抜歯矯正までしたのに、数年で戻ってしまう方は非常に多いが、その原因が寝相だということは矯正歯科業界でも指摘する人は少ないですね。
対策枕を開発した方がいらっしゃったような気がしますが、どなたでしたっけ?

2011/06/11

2012/02/18

2015/01/13

25歳
2019/03/13

上顎

下顎

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. N.S より:

    息子の顎関節症でのメール相談の際には、お世話になりました。
    症状は落ち着いてきましたが、まだ完治には至っておりません。
    矯正治療も考えておりましたので、大変参考になります。
    矯正治療に成功しても、やはり寝相を直さないと難しいという事が分かりました。
    mabo先生、枕を開発してくれないかなぁと思ってたところでした^_^

  2. mabo400 より:

    誤字など修正しました。すみません。。

    顎関節症も寝相の可能性は高いと思いますよ。
    関節円板が外れる方を下にして寝ていませんか?
    枕を探せていないのですが、T字型をしていました。自作されては?w

  3. N.S より:

    矯正治療後は、後戻りを防ぐためのモノを使用すると聞いた事がありますが‥
    素人考えでは、成長と共に作り替えて、就寝時だけでも使用すれば予防になるのではと思ったのですが‥。
    難しいのでしょうか?

    最初は、関節円板が外れる方を下にして横向き寝をしていたと思います。
    顎へダイレクトに重みがかかっていたのだと思います。
    今となっては、よく分からず‥です。

  4. mabo400 より:

    後戻りを防ぐ装置をリテーナーというのですが、
    通常は成長が終わった大人向けです。

    成長と共に作り変えるのは拡大装置という入れ歯タイプの床装置なのですが、
    それだったら、最初から床装置だけでやった方がコストはかからないかもしれません。
    通常はブラケット・ワイヤーを使った矯正治療後にさらに拡大装置装着というのはしないと思うのですが、
    2重のコストだし。
    担当医さんはどうするつもりなのでしょうか?

    まぁ、後戻りする子はリテーナーを作っても使っていない子ですw
    あ〜終わった、、!という開放感からリテーナーのことなどすぐ忘れてしまうようです。
    2週間使わないと後戻りが始まって、リテーナーが入らなくなります。

    どっち向きで寝ているのかは、よく観察してみて、また教えてください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.