歯科医院長mabo400のブログ

後天性開口6.01

 
この記事を書いている人 - WRITER -

現在18歳、男性、右側臼歯部咬合性外傷による虫歯、前歯部叢生、左側臼歯部開口

うつ伏せ、横向き寝をしている。たぶん右下寝だと考えられる。下顎が左側後方変位しやすいからだ。

この子は2017年5月から前歯部叢生の主訴で拡大装置による改善を行ってきたが、開口になり始めた。

確かに前歯部叢生は治ってきてはいるのだが、漫然と拡大装置を使うと開口になるのだろうか?

前回の続き

http://mabo400dc.com/dental-treatment/young/後天性開口6-00/

今日は歯列拡大装置を1〜2年使うとどの程度前歯部の叢生が改善されたか?という画像。歯列の横幅が拡大し、前歯部の叢生が改善されている。

あまり知られていないが、うつ伏せ、横向き寝をしている方の歯列は上顎はいわゆる西洋ベル型に、下顎は台形になる。よく見比べて欲しい。

上顎

before
2017/06/07

after
2019/02/15

下顎

before
2017/06/07

after
2019/02/15

どうだろうか?

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2021 All Rights Reserved.