歯科医院長mabo400のブログ

後天性開口6.02

 
この記事を書いている人 - WRITER -

現在18歳、男性、右側臼歯部咬合性外傷による虫歯、前歯部叢生、左側臼歯部開口

うつ伏せ、横向き寝をしている。たぶん右下寝だと考えられる。下顎が左側後方変位しやすいからだ。

この子は2017年5月から前歯部叢生の主訴で拡大装置による改善を行ってきたが、開口になり始めた。

確かに前歯部叢生は治ってきてはいるのだが、漫然と拡大装置を使うと開口になるのだろうか?

前回のつづき

http://mabo400dc.com/dental-treatment/young/後天性開口6-01/

床装置は夜間だけの装着を指示しているとはいえ、クラスプ(維持装置のバネ)があるので、しっかり噛むことはできない。しっかり噛むことで、上下顎の歯列は中心咬合位で安定するので、そうではない場合は歯列に対する外力(寝相による頭の重さ)の影響が強く現れることが考えられる。

しかし、寝相による頭の重さが歯列にかからなければ、開口になることはない。なぜなら歯列が拡大すると開口は改善する方向だからだ。

この子は右下寝をしている頻度が高いと思われるので、前回の左側方面観の画像をみると下顎が左側後方に変位し、噛み合わせが安定しないので、臼歯部の歯列が開口になる方向で歯列が変形しているのだろう。

別の子なんだが、以前ご紹介した左下寝による開口の症例では臼歯部の咬合は安定しているが前歯部は大きく変形している。この子は拡大装置は使っていないので、臼歯部の開口は出現していないと思われる。

http://mabo400dc.com/dental-treatment/young/外傷性咬合(後天性開口2)11/

10歳

16歳

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2021 All Rights Reserved.