歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

筋バランス位と中心咬合位2

 
この記事を書いている人 - WRITER -

硬い矯正装置を調整する前に軟性シリコンで作ったナイトガードは咬合経路のシャッフル直後だったので、筋バランス位に近いものだ。とりあえず使うのならこちらだろう。もちろん、過緊張が取れていくに従って咬合は変化する。何回か調整は必要なのだが、硬いレジンよりは軟らかいシリコンの方が弾性があるだけ調整はアバウトで良い。

筋バランス位は上下唇小帯の位置が目安になる。この小帯は筋肉の位置と関係があると言われている。もちろん絶対ではない。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.