若い子シリーズ21

   

15歳女子、右下7、萌出遅延

8番(親知らず)が7番の遠心のくびれにひっかかって出てこれないケースはよくありますが、7番が6番の遠心に引っかかるケースもたまにあります。

原因はよく分かりませんが、最近の子供達の歯は大きいように思います。
お母さんのお腹の中にいるときに栄養過多だったとかいう説もあります。

とにかく顎の骨よりも大きいわけですので、トラブル続出します。

咬合面は歯肉切除すると見えましたので、
ブラケット装着で後ろに引き起こそうとしています。
必要性があれば、ブラケットは頬側に付け直すつもりです。

レントゲン写真

正像

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の歯列矯正シリーズ, 若い子の歯科治療シリーズ