若い子シリーズ22

   

11歳男子、左上5埋伏

今日も技工の仕事で残業。やはり午前様です。。w
3人分の仕事をしていますので、仕方なしです。

・・この子は6歳臼歯が萌えた時点ですでにEがありませんでした。
たまに遭遇するケースで、6番が近心転移しており、Eの歯根を溶かしてしまって、Eが早期に脱落してしまうのです。

左側だけなのでディスタルシューやブラケット+ワイヤーで保隙していました。
埋伏のまま放置しておくと、上顎歯列が歪んだり、下顎の叢生はかならず起こっていたと思います。

骨が厚くできていて自然に萌出する気配もないので、引っ張り出すことにしました。

歯肉縁下8mm程、骨の開削を伴いながら掘り下げましたが、
頬側咬頭がちょっとだけ見えるところまでで止めました。
これ以上の骨の開削は歯を傷つける可能性が高いからです。

さて、これではブラケットを装着するには深すぎてできないな。。
CRで下駄を履かせてみるか。。ということで、5mm程CRを盛り上げてみました。

ここにブラケットを装着して

パワーチェインをかけてみました。
最初は少し頬側に引っ張ります。

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の歯列矯正シリーズ, 若い子の歯科治療シリーズ