今日の矯正シリーズ99.01

   

10歳女子、ディープ・バイト、前歯部蒼生、上顎11歯冠離開、下顎後退、
これらの要素は相反する関係にあり、どこに落としどころを求めるか?というのが難しい。

最近ユーティリティー・アーチがつづきますが、
これを最初に導入した時のことを思い出していました。

ディープ・バイトの改善には床装置は不適当だし、
小臼歯の交換期の10〜12歳では全顎ブラケットもできない。
悩んでいたら、ここのコメント欄でユーティリティー・アーチがよいのでは?
と同業者さんに教えてもらいました。
その節はありがとうございました。サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

ユーティリティーというのは「utility」と書くのでしょうが、元の意味は「有用」、「何にでも使える」です。なんとなく分かるような気がしますw

先月のブラケット装着時

2017/07/08

で、今日。少しは改善しましたかね?
さらに下顎を圧下させる方向で調整しました。

2017/08/26

 - 今日の歯列矯正シリーズ, 若い子の歯科治療シリーズ