今日の矯正シリーズ36

      2017/03/20

13歳男子、右下E晩期残存、同5埋伏歯。
根が下顎骨に挟まれるように横になっていて、歯根がのびるどころではなく、成長が止まっています。
このまま放置しても、自力で萌えてくることはないと思われます。
外科的に立てるのは下顎管を傷つける怖れもあり、治療するとすれば矯正的な方法を採るつもりです。
Eを抜歯して、骨を開窓して、歯冠にブラケットを装着してパワチェインで引き起こし、垂直になったところで、さらに歯根の出来具合をモニターしつつゆっくり引っ張りだし、両サイドに接着固定したあとも、
歯根が成長するのをひたすら待つというコンセプトです。
まあ、こんなに深いところにある埋伏歯を引き出す症例の経験はありませんので、感染とか気を付けねばなりませんし、
歯根が成長するまで、3〜4年かかるかもです。というか歯根が成長する時期を過ぎていますので、歯根の伸びが良くないということも考えられます。

自分たちの子なら、嫌がる子を押さえつけて、引っ張りだすと思いますが、、^^;

反対側は問題無しですが、
1.jpg

かなり厳しい、、
2.jpg
3.jpg

口腔内写真。ふつうはこんなに深いところの歯を引っ張りだそうとか思う歯医者はいないでしょう。
理論的にはできるでしょうが、感染とかのリスクはあるし。そのわりには儲かる話ではないし。
1.JPG

 - 削らない・抜かない歯科治療, 今日の歯列矯正シリーズ