歯科医院長mabo400のブログ

お気に入りのY田のユニット7

 
この記事を書いている人 - WRITER -

前回の続きです。

燃えた基盤を眺めていたらモーターの不具合で、ドライブ回路のトランジスタアレイに過電流が流れ、ショートモードで破損して基盤上のパターンが過熱してガラエポ基盤が燃えたようです。

まぁ、それはほっといて、
診療台の上げ下げ、背もたれの起き倒しを復旧しないことには使えないので、
その機構がどうなっているのか調べてみました。
油圧システムで駆動しているようでした。
飛行機のラダーやフラップ、エルロンなどと同じ機構です。

ブロック図では、
モーターポンプ、電磁弁、その駆動リレーが重要部分です。

表題画像の現物を見ると、
矢印がモーターポンプ、左が電磁弁、右下が駆動リレーだと思われます。

つづく

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.