歯科医院長mabo400のブログ

やっぱり60年代シリーズ38

 
この記事を書いている人 - WRITER -

レトロなデザインが好きな方はいらっしゃるようで、うちのSONY博物館別館のラジオ・ラジカセ?ソフビの怪獣?に見とれて、段差に気が付かず危うく転倒しかかった方がおられた。

60年代前半のデザインはアメリカに輸出するためにアメリカ製品のデザインのコピーから始まったように思われる。それが表題画像の MITSUBISHI MODEL 8X-336 だ。

1964年発売のMW SWのラジオでFMはまだついていない。FM放送自体が一般化していなかったからだ。NHK-FMの本放送開始は1969年で、それまでは実験的に放送されていただけだった。

1964年というのはTokyoオリムピックのあった年で、もう56年も前になる。

50年代のラジオは一部または全部にミニチュア真空管が使われていたが、60年代に入るとオールトランジスターになる。本物の皮ケースが付属していたようだ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.