歯科医院長mabo400のブログ

やっぱり60年代シリーズ40

 
この記事を書いている人 - WRITER -

National RQ-233Aという最初期の横置きのラジカセだ。
今では見かけることはないが、ピアノ鍵盤式ではなく回転式の操作方式だ。
当時のオープンリール式のテープレコーダーでは標準的なものだった。

この機種は昭和44年(1969年)7月のテクニカルガイドがネット上にあるので、これよりちょっと前、2ヶ月程前?に発売されたと思われる。
ラジカセと言ってもAMラジオのみでFMは付いていない。あと1万円出すとFM/AMラジオの付いたRQ-232という機種が買える。この時代の大卒初任給は3.24万円とあるので、RQ-232がそのくらいの値段だったことから考えると1万円の差というのは大きかった。

正面パネルにはラジオカセットと刻印されているので、この頃からラジオカセットつまりラジカセという名前が使われ始めたのだろう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2021 All Rights Reserved.