歯科医院長mabo400のブログ

ビートルズのカセット2

 
この記事を書いている人 - WRITER -

テープが切れているカセットテープの修理はビス留めタイプではないものは分解が難しい。接着剤を使って組み立ててある安物はこのタイプが多い(多かった)。

表題画像のように四角と真ん中辺りにピンがあるので、まずこれをバーを貫通させて削り取った。
そしてクラウン除去の要領で無理やり剥がした。多分削るときの感触ではスチロール樹脂だったのだが、壊れなかった。ヤレヤレ。。

テープはよく見ると接着剥がれのようだったが、メンディングテープでバッドジョイントで接続した。デジタル録音のなかった昔はテープの編集というのはこのように切り貼りしていたのだ。




あとは元のように組み立てるだけだが、アナログテープを使ったことのない人は、テープをどこの溝の間に収めたら良いか判らないと思う。
接着剤は使わず、メンディングテープで留めたw




試聴してみたが、 49年前のテープでも問題なく再生できる。大阪万博の時もタイムカプセルに1000年後の人にメッセージを伝えるのに、磁気テープにして収めたそうだ。それだけ長寿命だということだ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.