歯科医院長mabo400のブログ

自作DAコンバーター1.05

 
この記事を書いている人 - WRITER -

海神無線に発注したDALEの16kΩの抵抗器4本が届いたので、2本パラ(並列)にして8kΩの抵抗を作る作業に入るつもりです。
DALEはビシェイだかスフェルニースだかに吸収されて、これらの抵抗は同じ会社の別のラインアップということになっているようですが、スフェルニースが一番素直な音です。
なぜならリード線が普通の銅線だからです。ビシェイもデールもリード線も本体も磁石に引っ付く強磁性体です。音が最悪ですのでリード線だけでも短くカットして銅板にハンダ付けして使いましょう。

ところが狭くて2本並列が入らないのです。。困りました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 栗山 より:

    巻線抵抗だとMILLSのMRAシリーズ(5W、12W)がおすすめです。非磁性体でDALEより癖が少ないです。国内では安定した流通がないため、私は海外から直輸入しています。以前、こちらの店を利用しました。
    https://www.partsconnexion.com/

  2. と〇〇 より:

    栗山さん、情報提供ありがとうございます。
    Mills初めて、聞く会社です。
    ところで、巻線抵抗は、IRCという会社もあったのですが、
    知りませんか?

  3. 栗山 より:

    皆様こんにちは。
    Millsは、VishayDALEグループの会社です。MILLSのスペックシートを見ると「Non-Magnetic」と非磁性体となっており、実際にネオジムマグネットを近付けても反応はありません。「Non-Inductive」で無誘導巻きで、「Ayrton-Perry winding」という巻き方をしているそうです。面白いのは「Ideal for Audio Industry」と用途に明確にオーディオ用と記載があることです。実際に、癖もなくオーディオ用途に使うにあたり、非常に優れた製品だと思います。私自身、HS-400のネットワーク回路の抵抗や、ファンタム電源の抵抗として使っていますが結果はとても良好です。次回自作するアンプにも主要箇所に使う予定です。上記の販売店では殆どの値が通常在庫で購入出来ますので入手はそれ程、難しくありませんし、価格も他の無誘導巻線抵抗と大差ありません。個人的に、非常にオススメです。
    IRCは古い市場在庫品を時々見掛けますが、現在は販売ルートがないのか会社(ブランド)自体が消滅したのか、新品は見ることがないですね。
    https://www.mouser.jp/datasheet/2/427/mra-1762534.pdf

  4. 栗山 より:

    スフェルニースはフランスの会社だったと思いますが、Mills Resistor社はアメリカの会社でしたので別だと思います。生産統合の意味で、半導体もそうですが、より大きな資本の傘下企業になるケースが世界的な流れになった時期があり、その中でVishayなどは大きくなった電子部品メーカーかと思います。スフェルニースもVishayに吸収された会社ですが、ラインナップ上、他のブランドと近いモノは、ブランドが消えてより有名な方にラインナップ統合されてしまうようですが、スフェルニースのように消えてしまったブランドもあれば、MILLSのように統合後も独自ブランドが残っているモノもあります。特徴が全て継承されているかは分かりませんが、非磁性体の無誘導巻線抵抗という括りでは、現在はMILLSになりますので、Vishayの中ではスフェルニースの後継的な位置付けになるのではないかとも考えられます。

    • mabo400 より:

      そういうことなんだと思います。良い情報をありがとうございました。今度何か使う機会があったら、是非ゲットしてみたいと思います。
      それはそうと、そろそろ差動3段アンプの製作に取り掛かるわけですね?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.