歯科医院長mabo400のブログ

自作DAコンバーター1.07

 
この記事を書いている人 - WRITER -

LPFのカットオフ周波数は200kHzと高くしかも1次なので、全くLPFはないのと同じだ。

テストレコードをかけてみた。結構階段状になっているのが見えると思う。これでも4倍オーバーサンプリングなので、階段波形は4倍細かい。

7kHz

10kHz

16kHz

20kHz

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. と〇〇 より:

    結構、カクカク波形ですが、普通の音楽を聴いた感じでは、わからないということなんですよね。

    • mabo400 より:

      そうなんですよ。。聴感上歪みを感じるということはないですよね。むしろLPFはない方が音は良い。
      5Hz〜20kHzのスウィープ信号を入れると、最後の方でピル、とか異音が聴こえることがあります。折り返し雑音とのビートなのでしょうか?

  2. と〇〇 より:

    LPFは、「ない方がいい」と他でも聞きますが、どうして?
    でしょうね。

    最後のピルはわかりません。

  3. と〇〇 より:

    アクティブフィルターの比較をしたことはないので、よく分かりません。以前、試したのは、CD34のフィルターを飛ばして、聴いたところ、すごいノイズが聞こえたということで、あ、やっぱり、フィルターは必要なんだな、と思いました。

    • mabo400 より:

      なるほど、もしかしたら僕はIV変換OPアンプの出力からCを直接ハンダ付けして信号を取り出して、次段のアクティブフィルター回路を切り離していなかったかもしれません。信号を取り出す場所によってはLPFが形成されていたかもです。

  4. と〇〇 より:

    スペクトラムはどうなっているのでしょうか。デジタルオシロでしたら、FFTが付いているので、見られると思うのですが。

  5. 楽天ルシファー より:

    実際の出力は、このオシロ画面の様な階段状波形ではなく、棒グラフ状のイニシャライズ・タイムがある事から、デジタルオシロのサンプリングレートからくる干渉によるものかと。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2020 All Rights Reserved.