歯科医院長mabo400のブログ

1983年製自作プリメインアンプ0.04

 
この記事を書いている人 - WRITER -

20代の頃はこんなにでかいアンプを作っていたんだ、、と感心させられる。
もう、今では重くて持ち上げられないよ。。

今日は技工作業も少しあるので、ちょっとだけどこが壊れているのか調査してみよう。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ロミエル より:

    今は手のひらサイズでステレオ数十ワット出力が数千円で手に入る。
    音質とかはともかく、スゴい時代だと思います。

  2. ロミエル より:

    反撃されるかと思っていたので
    意外でした。
    ノイズうんぬんあるようですが、
    音良いです。
    ビンテージしか認めない人でもブラインドテストしたら分からないか安価なアンプに軍配するかもしれません。
    実際、愛用しているマキタくんMR-200もデジタルアンプ(なんとバイアンプ)。
    型番が出ませんが、ソニーのコップみたいな無線スピーカーもデジタルアンプ。
    どちらもヌケの良い透明感ある音がします。
    でも、昔ながらの重厚アンプも大好きです。
    ’70年代のタンスにコードうじゃうじゃで
    何人もがかりで演奏も音のうちなんです。
    真空管アンプについては皆さんの共通は温かい音だと言いますが、
    僕はキレとスピード感のある音に聞こえるんです。
    やっぱり変態ですわ。

    • mabo400 より:

      ノイズを気にする向きには結構大変なことになります。
      そのうちアップします。

  3. ロミエル より:

    ノイズとはデジタルアンプのスイッチングノイズを気にするか?
    でしょうか。
    精神衛生上毛嫌う人もいるようですが、
    今、主流の家電はほとんどデジタルでしょう。
    昔ながらのアンプもトランスのハムノイズなどあるし、
    どっちがどーこーも無いような気がします。
    厄介なのは思い出補正回路の方かもしれません。
    補正というか、思い出が現在を否定、破壊している人もいます。
    自己の内なら良いですが、他の方式や新しい技術を否定し、自身の理想を押し付けてくるのはちょっと迷惑ですね。

    • mabo400 より:

      HS-400、HS-10000のような広帯域、高分解能なスピーカを使うと色々と周りの機器の不具合が聞こえて大変なんです。。
      普通のスピーカなら多分ですが、アナログよりはデジタルの方が音が良いのではないか?という感想を持っています。
      一応デジタルアンプに対する考え方をアップしました。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2021 All Rights Reserved.