歯科医院長mabo400のブログ

1983年製自作プリメインアンプ0.10

 
この記事を書いている人 - WRITER -

配線ミスもなく一発動作した。


電源電圧±25V、無負荷、2Vp-pの入力で24Vp-pの出力。フルスイング動作だ。
BTL接続なので位相反転した出力が得られ、28Vp-pとなる。それが標題画像。

無負荷、1Vp-p100kHzの入力ではゲインは落ちないが軽く発振している。外部定電圧電源でのテスト動作など動作条件が悪いので、参考波形だ。
熱くなるので、長時間動作はできない。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2021 All Rights Reserved.