歯科医院長mabo400のブログ

I歯科医院の高楊枝通信。

70年代シリーズ124

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今日はソーラーハウスに画像の入ったSDカードを忘れてきたので、
何もアップできず。。
60m飛ばしているWiFiの調子が悪かったので、ソーラーハウスからアップできなかったのだ。

今日の晩飯は昨日と同じ豚キャベ+生姜+ズッキーニ+玉ねぎだったのだが、その画像も忘れてきた。

仕方がないので、PCに入っている過去のお気に入りというか、思い出深いカセットテープコーダーの画像から。

僕のオーディオ歴はこの2台から始まっている。
オーディオ技術は本業を始め他の分野にも応用しているので、僕の原点だと思う。
この2台がなかったら、全く別の人生になっていたのかも?

向かって右がSONY CF-1300 1971年頃のラジカセ、当時はラジオ付きカセットテープコーダーと言っていたようだ。

左がSONY TC-2100A P&D 1973年頃のステレオカセットコーダー ECM-99というワンポイントステレオマイクと一緒に生録をしていた。

どちらも横置きの同じメカを使っている。TC-2100Aの音はなかなか良かったのを思い出す。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ロミエル より:

    ソニーあるあるかも。
    Hi-8のCCD-V900と同じくEV-S2500もメカは共通では。
    作動音が似ています。
    DATのデジタルデンスケと据え置きの1000番も同じメカかも。

    同じメカでもTCを名乗るのは確かに音が良さそうです。

    ずっと気になっていたコップ型のアクティブスピーカーを購入。
    何とか12番。
    10番と同等で1メートル水没30分対応に。

    PCMレコーダーのモニターに大活躍。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© I歯科医院の高楊枝通信。 , 2019 All Rights Reserved.